アールト大学 IDBM留学日記

デザイン × ビジネス × テクノロジー

新たなチャレンジへ

2020年も既に9月の半ば。ヘルシンキの気温もぐっと下がり、部屋の暖房もつきました。

IDBM自体は6月に卒業したのですが、卒業セレモニーは9月に実施、、、のはずだったのですが今年は残念ながらキャンセルに。証書を学校のロビーに取りに来るように、とのメールがあったので、取りに行きました。受け取ったあと、友人と学校のあちこちで記念撮影しました。この日は9月3日。写真の履歴を見ると、ちょうど2年前のこの日も学校のロビーで写真を撮っていることに気づきました。2年前の写真と比較すると、僕自身の外見に特に変わりはないようですね。が、2年間を振り返ると、まぁ色々あったなーと、思い出が蘇ってきます。

IDBM

2年前と、今と

IDBM

校舎Väreの前で

IDBM

アールト建築のAmfitheatreにて

 

アールト大学の卒業証書

卒業証書はどんな感じなの、というと、こんな感じです:

IDBM

アールト大学MA卒業証書

紙ペラ1枚なのかと思いきや、英語の証書や成績表、説明の文書に加えて、全てフィンランド語バージョンも入ってました。結構厚みのある紙束に驚きました。しかも結構良い紙です。2年間やった重み、みたいなのがありますね。正直、嬉しい。

 

夏の終わり

夏の間は仕事に加え、フィンランドサマータイムを満喫しておりました。

 

仲間と野生のブルーベリーを摘みに行ったり

IDBM

仲間と野生のブルーベリーを摘みに

IDBM

森中がブルーベリーだらけ。摘むの結構疲れます。

摘んだブルーベリーで、mustikkapiirakka(フィンランド伝統のブルーベリーパイとタルトの中間的なやつ)を作ってみたり

IDBM

mustikkapiirakkaを焼き中

IDBM

完成-自分にしてはうまくいったと思う

仲間とLinnanmäki(ヘルシンキの遊園地)に行ってジェットコースターに乗ったり(日本のクオリティに比べると全体的にショボいですが、1つ新しいジェットコースターはなかなか迫力あり)

IDBM

Linnanmäki遊園地

みんなでSUP(スタンドアップパドル)でヘルシンキの付近の島に上陸してみたり

IDBM

ヘルシンキでSUP

IDBM

小さな島に上陸

大聖堂の前の広場のアウトドアフードコートでランチを楽しんだり

IDBM

長老院広場が夏のアウトドアフードコートに

あとはひたすらアウトドアの自然をエンジョイしていました。

IDBM

IDBM

IDBM

IDBM
 

新学年の始まりと新たなチャレンジ

夏の楽しみの他、仕事の一部でやっているPack-Ageという授業の助手として先生と一緒にコースをデザインしておりました。IDBMで学んだことを活かし、かなりみっちり企画しました。

今月からは新学年が始まり、僕自身も授業のワークショップをファシリテートしたり、アイディエーションやチームワークについてレクチャーをしたりと、意外と教える側に立っております。今までアカデミアでの仕事はどうなのかと思っていたのですが、やってみたら意外と面白い、どころか、自分自身の学びがものすごいと実感。「教える」という行動が「ガチで学ばないといけない」からでしょうか。自分のコンフォートゾーンを完璧に脱していますが、とても充実しています。

フィンランドで、アールト大学で、これからは学生としてではなく、学びの場をどううまく作っていくか、が今の新しいチャレンジです。

 

 

最後に

この回でアールト大学IDBM留学日記も最後になります。

2年前、スーツケース1つ引きずって初めてやってきたフィンランド

 

超適当な日記として始めたこのブログも、良く2年間も続いたなと思います。中学生のような文体で書いた記事も、たまに遡って読んでみるのも個人的には面白いですね。お読みいただいていた皆さま、ありがとうございました。次は仕事の日記でも始めようかな。まだ決めてませんが、そのうち考えます。

最後に、アールト大学IDBMへの留学をサポートしていただいた皆さまの支援なくしてはできなかったと思います。本当にありがとうございました。

 

アールト大学IDBM留学日記

 

IDBM卒業後、フィンランドでの仕事や生活、活動の様子はツイッターでアップしていきたいと思います

twitter.com