アールト大学 IDBM留学日記

デザイン × ビジネス × テクノロジー

フィンランドの秋の紅葉

10月も終わりに近づき、ヘルシンキはもうすっかり冬モードに入りました。Brexitが10月末に起こるのか起こらないのかで忙殺されていた僕は当ブログの更新もすっかり後手に回ってしまっておりました。申し訳ありません。気持ちを持ち直して投稿をがんばっていきたいと思います。

2019年秋の感想

さて、今年は去年に比べて雨の多い秋だなと感じました。9月+10月で晴天の日がいくつあったか、曇り/雨の日の方が圧倒的に多かった印象ですね。

2週間ほど前の週末、空が青く、紅葉が綺麗だった日があったので秋を楽しみに家の周りや市内を散歩しに行きました。

僕はヘルシンキで良く散歩をするのですが、広々とした道と新鮮な空気、そしてすぐ身近にある大自然を楽しめるのは大変ありがたいです。幼少期を過ごした米国ニューイングランド地方も紅葉がすごかった記憶がありますが、ヘルシンキで見れる紅葉も中々の見ものです。意識して見ているからですかね。今日のエントリーはヘルシンキで見れる紅葉の写真をベタベタと貼っていきます。

IDBM

一面黄色の絨毯の様です

IDBM

なんの木でしょうか

IDBM

IDBM

落ち葉のグラデーションが綺麗ですね

IDBM

こちらはArabiaの近くの公園です

IDBM

この建物はAnnalan Huvilaというちょっとしたイベント会場です

IDBM

Lammasaariという沼地のハイキングコースです

IDBM

沼地の中はこんなボードウォークになっています

 

秋は一瞬で過ぎてしまいましたが、冬もまた楽しみですね。授業やプロジェクト、修論の進捗なども順次アップデートしていきたいと思います。それでは秋の残りを十分楽しみましょう🍁