アールト大学 IDBM留学日記

デザイン × ビジネス × テクノロジー

2018年の振り返りと2019年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

IDBM

日本で約2週間のクリスマス休暇を過ごしたあと、ヘルシンキに帰ってきて早速雪と氷と泥に迎えられました。でも気持ちのいい寒さです。綺麗な空気をまた楽しんでいます。街中の木々は雪にデコレーションされる景色も見ていて心地よいものです。 

2018年の振り返り

2018年はビジネス、エンジニアリング、デザインを学べる大学院プログラムに留学するという大きい目標がありました。そしてアールト大学IDBMへの留学を決め、実際にフィンランドに引っ越し、大学院生活を始めるという新しいスタートを切れました。たくさんの人のご支援があってこそ。この場を借りて御礼申し上げます。今年もがんばりたいと思います。

目標をたてることと同じくらい振り返りは大事。大目標とは別に小さいサブ目標もいくつかあったので、それぞれの達成度合いを見ていきたいと思います。

達成できたこと

  • 大学院への留学を始める
  • 1学期目の必須科目を全て修了する
  • 最低でも5つのイベント(旅、セミナー、ハッカソン、など)に参加する→(Tallinn Trip, DASH Hackathon, Ornamo Design Business Date, Columbia Road Company Visit, Vappu Jackening, IDBM X'mas Party, SLUSH Volunteer, など盛りだくさん参加できた)
  • こちらでの生活と学びをブログに残す(なんとか続いている)
  • たくさんの人と知り合う(知り合えた) 

達成できなかったこと

所感

コンフォートゾーンを抜け出し、初めての環境で自分にとっては新しい領域の勉強をするということはチャレンジングなこと。がしかし、すぐに心地良い場所を見つけだしたくなる気持ちはどこにいても変わらないような気がします。「週末となれば家で一休みを」という願望がでてきてしまい、閉じこもりがち。そのような願望をこらえ、今年はさらにチャレンジする年にしたいと思います。簡単すぎるコースやタスクは極力排除し、いつでも背伸びをしているイメージを持たないといけませんね。新しい物ももっと沢山見ないといけません。気をつけます。 

2019年の目標 

2018年の振り返りを踏まえ、今年の目標は以下にしてみたいと思います。

  • IDBMのインダストリープロジェクトで納得のいく成果を出し、新しい学びを得る
  • ビジネス、デザイン、エンジニアリングの融合の答えを自らの経験と学びをもって定義し語れるようになる
  • 修士課程としては来年度になりますが、意味のある修士論文の題目を決める
  • ブログを引き続き更新する(2週に1度のペースで、合計24個のエントリーを書く。小さなことでもまとめてアウトプット記録するの大事)
  • 時間が許す限り新しい国や街にいき、探検する(行ったことのない国/地域へ12箇所以上行く - 1ヶ月に一箇所のペース)
  • HSK5級(中国語検定)の合格(中国語は喋れるのでさらに上級レベルを)
  • YKI初級(フィン語検定)の合格(ここで日常の生活くらいはできるように)
  • デザイン活動を続ける
  • 何か新しい提案や活動があればyesという

 

今日は早速、アールト大学での中国語のコース「Chinese for Professional Needs 4」の授業を受けてきました。が、内容が簡単すぎたのでソッコーでドロップ。代わりにヘルシンキ大学の孔子学院のHSK5級向けのコース「Advanced Chinese 2」に登録しました。こちらの授業はチャレンジグだと期待しています。

新しい国/地域を見る、という観点ではフィンランドに帰ってきて早々、先週末はチェコプラハに行きました。カレル橋、プラハ城、旧市街、ミュシャ美術館、少しマニアックだけどドヴォルザーク博物館、などたくさん見て回れました。写真映えする景色を見つつ、結構あやふやにしていた近代チェコの歴史を振り返る良い機会となりました。

IDBM

IDBM